プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

我輩は影のオーナーである。名を「さちこ」という。
普段は地方都市にある本社社長室の座布団型デスクの上で 瞑想している。


時折、店の方から「視察に来い」との要請がある。面倒くさいことこの上ないが、従業員から献上されたホッケに免じて、行ってやることにしよう。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« マジョリカ、パスタ戦国時代に細々と殴り込みをする | メイン

2018年6月24日 (日)

マジョリカ、「マツコの知らない世界」に便乗しようとする

つい先日、日本は今パスタ戦国時代だとこちらの日記でつぶやいた。
店でも家でも本場の味から日本独自のものまで、多種多様なパスタをおいしくいただける
風潮を例えてみただけだった。

ところが先日、珍しくテレビを見ていて驚いた。
「たらこパスタの特集」というあまりにもニッチな特集に惹かれて視聴したのだが、
出てきたお店が自由が丘のピッティに奥沢のアンリーヴル、
ほとんどがわが店の界隈だったのだ(壁の穴も五右衛門も自由が丘駅前に支店がある)。

なんということだ。まさかこの自由が丘界隈が、群雄割拠のたらこパスタ戦国時代だったとは。

我が店もうかうかしてはいられない。
便乗上等、目の前に来た波には乗っておくのが我が店のモットー。
(従業員はただでさえ鈍いので波に気づかないことも多いのだ)
さっそくわが店のたらこパスタについてご紹介させていただこう。


というのも、我が店のたらこパスタは、番組中で「めったにない」と
いわれていた「ペペロンチーノ融合型」なのだ。

Dsc_1085


しそ、オリーブオイル、明太子ににんにく。シンプルながらハマる人はハマる味。
ちなみにわが店のたらこパスタはオリーブオイル100%、バターは一切使用していない。
バターを使ったものよりあっさりする、と従業員はこちらの方が好みだそうだ。

スイーツの町、そしてたらこパスタの町自由が丘に訪れる際には、
ぜひわが店マジョリカもお忘れなきよう。

Dsc_1090

自由が丘近辺に吹き荒れるたらこパスタ戦線を眼光鋭く見据える私。
たらこパスタ戦国時代のこの界隈で、わが店も雑兵ながら槍働きを果たしたい構えである。


コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

マジョリカ のサービス一覧

マジョリカ