プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

我輩は影のオーナーである。名を「さちこ」という。
普段は地方都市にある本社社長室の座布団型デスクの上で 瞑想している。


時折、店の方から「視察に来い」との要請がある。面倒くさいことこの上ないが、従業員から献上されたホッケに免じて、行ってやることにしよう。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« マジョリカ、自由が丘のお花見のいざない2018 | メイン | マジョリカ、パスタ戦国時代に細々と殴り込みをする »

2018年5月 8日 (火)

自由が丘スイーツフェスタ アートマーケットに物申す

さて、輝かしいGW、皆さまいかがお過ごしだっただろうか。
従業員はやれ祝日だお休みだと浮足立っていたが全く情けない。
平日も祝日もなんのその、ゴールデンだろうがメタリックだろうが
常に平常心を保つ私を見習ってほしい。


さて、そんな地に足のついていない従業員を引き連れて
「自由が丘スイーツフェスタ」を視察してきた。

Dsc_1049_horizon


そこここの店で限定のスイーツが生まれ、ワゴンセールが並び、
有名な歌手が駅前で大々的にライブをする。

豪華ながらも毎年恒例となったイベントに、新たな楽しみを発見した。

それがこちら、「自由が丘アートマーケット」。

Dsc_1046_horizon


大学で芸術を学ぶ学生たちと協力し、
この文化の香り高い自由が丘の街に(香りの発信源はもちろん私だ)
アートの風までももたらさんとする画期的な集いである。
実に私の街、自由が丘にふさわしい企画だ。

が。このイベント、私から一言だけ苦言を呈したい。

Dsc_1048


この張り紙、「ワンちゃんもお気軽に」とのことだが、なぜ犬なのだ。
犬を歓迎するのならば、この私はじめ猫だって熱烈歓迎していただきたい。
いや、むしろひとところでじっと作品の声に耳を傾け、じっくりと
おだやかに鑑賞するのは、むしろ猫の方が適役ではないか。


次の開催の際には、ぜひ自由が丘在住の猫一堂にもご配慮をぜひお願いしたい。

Dsc_1038


アートに触発されて写真に凝り始めた従業員に渾身の上目遣いを見せつける私。
普段の貫禄を毛皮の下に隠したこのキュートさはまさに芸術品。
私の美貌と毛並みは常に進化を続ける未完の大作といっても過言ではない。


コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

マジョリカ のサービス一覧

マジョリカ