プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

我輩は影のオーナーである。名を「さちこ」という。
普段は地方都市にある本社社長室の座布団型デスクの上で 瞑想している。


時折、店の方から「視察に来い」との要請がある。面倒くさいことこの上ないが、従業員から献上されたホッケに免じて、行ってやることにしよう。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2018年2月 | メイン | 2018年5月 »

2018年3月

2018年3月25日 (日)

マジョリカ、自由が丘のお花見のいざない2018

Dsc_0957


今年の桜は歴代でも5本の指に入る早咲きだという。
春がはやく来てくれるというのは、なんともうれしいものではないか。
(花粉症の従業員はうらめしそうに鼻をすすっているが、気にしないこととする)


Dsc_0958


マジョリカ近くの遊歩道も花見ごろ、今が盛りと視界を薄桃色に染めている。

Dsc_0959


目黒の花見といえば目黒川沿いがあまりにも有名だが、
少し調べてみたところ、緑が丘の緑道の下にも
九品仏川という呑川の支流が流れているそうである。


目黒、川、さくら、そしておしゃれ。
これはもう、緑が丘の桜並木は中目黒の花見スポットとほぼ同じといっても
過言ではないではないか。


今年の桜の見ごろは、来週の木曜くらいまでだという。
目黒川の人込みにしり込みしてしまうシャイな御仁は、ぜひ緑が丘の緑道での
お花見を(川については各人の心の眼で補うように)。
そして桜並木を歩いたその足で、ぜひマジョリカへとお越しいただきたい。

Dsc_0955

神妙な姿も花が匂うがごとく絵になる私。 従業員の長話に耐え、あくびをこらえているようにはとても見えない。


2018年3月 7日 (水)

構想4秒、構想40年の大作を紹介する

レンガ敷きの床と、太い木を無造作に組んだような風合いのあるテーブルが
わが店のインテリアの特徴だ。
(従業員の間抜けぶりはさておき)雰囲気はなかなかのもので
「まるで隠れ家」「ロッジ風居酒屋」「古き良きバーの香り」
なんて、お褒めの言葉をいただくことも少なくない。
(私がひざの上や棚の影から常連客にプレッシャーを与え、言わせているなどということは決してない)

そんなわが店を訪れるお客様にぜひ見て頂きたいのが、クロークにかかったカーテンである。

Dsc_0367

単なるパッチワークのカーテンかと思うなかれ。実はこちら、わが店の頓馬な従業員が
洋服のタグを手ずから集め、配置し、縫い合わせて作成した渾身の大作なのだ。

昭和のある日、洋服のタグが結構可愛いのに気が付き、ペンケースを作ってみた

本人も納得の出来栄えだったらしい。
ところがそれが盗まれるという出来事があり、
「よし!今度はすぐに盗まれない大きさの物を作ろう!!」
と思いついたが運の尽き。
その後まさか40年をかけてひたすら縫い続けるライフワークになるなど
想像もしていなかったに違いない。

自らの服のタグはもちろん、タオルやコート、はては羽毛布団に至るまで、
布についたタグはすべて従業員の創作の餌食となっていった。

最終的には服のタグが足りずに制作が中断し(従業員は安物をこれでもかと使い倒す
精神の持ち主なので、あまり服が増えないのだ)、
お客様から服のタグをいただいてようやく再スタートを切ったこともあった。


(だから誰もが知る上質ブランドのタグは、大体お客様からの頂き物である)

数センチ四方のタグをちまちまと組み合わせ、縫いも縫ったり40年、
使ったタグは数知れず。ついに形となったカーテンを、従業員は自慢したくてたまらないようだ。

「人生で縫ってない時間の方が短いんですよ!」
「どうにかしてこの苦労と感動を広めたい!」

と息巻いている。

重ねてのお願いになるのだが、わが店にいらした暁には、トイレに行く途中にでも
ぜひ従業員の労作を見てやってほしい。

(写真の下手な従業員が店のムーディーな照明の下で撮ったので残念な写真ではあるが、
実物はもう少しカラフルなのだ。私の麗しい写真がなくて申し訳ないが、
今回は従業員の40年分の苦労の総決算ということでご勘弁を願いたい)


Dsc_0365


Dsc_0366


マジョリカ のサービス一覧

マジョリカ