プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

我輩は影のオーナーである。名を「さちこ」という。
普段は地方都市にある本社社長室の座布団型デスクの上で 瞑想している。


時折、店の方から「視察に来い」との要請がある。面倒くさいことこの上ないが、従業員から献上されたホッケに免じて、行ってやることにしよう。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 潜入、自由が丘マリクレールフェスティバル | メイン

2017年6月30日 (金)

自由が丘 名店の法則発見 ~マジのつく店にはずれはない~

本日も私のしたためた文を読みにきていただき、誠にありがたいことである。
私の警句をことごとく聞き流す従業員とは違って、
知性の輝きに満ちあふれた皆様に深く御礼を申し上げたい。

ところで皆様は、どのようにweb上で我が店を探しておられるだろうか。

私もこの文の出来栄えを確認するために「自由が丘 マジョリカ」と毎回検索していたのだが、
最近の検索エンジンとやらは実に察しがよく(従業員とは大違いだ)、
「自由が丘 マジ」まで入力すれば「自由が丘 マジョリカ」と検索候補を出してくれていた。
これもこの地で30年にもわたり根を張り続けたからであろう。
私はそう思っていた。

ところがだ。

先日も従業員にこのマジョリカのサイトを開くためいつも通り検索させたのだが、
「自由が丘 マジ」まで入れたところで見慣れぬ店名が表示された。

「自由が丘 マジドゥショコラ」

しかも我が店よりも上に。

調べてみれば2016年12月にオープンした新参の店だというではないか。
わが店も30年分の意地がある。
そう易々と「自由が丘 マジ」界の頂点を渡すわけにはいかない!

というわけで、さっそく従業員を偵察に差し向けた。

1495967463389_2


なんとも瀟洒な店構え。原料にこだわるチョコの専門店ということで、
従業員も臨戦態勢で店へと入っていった。

1495967479984_2


そしてあっさりチョコの魅力に陥落して帰ってきた。
「難しいことはわかんないですけど、やっぱり高いチョコっておいしいですね~」
のんびりとチョコをほおばる従業員に戦意を喪失し、「自由が丘 マジ界」の頂点をめぐる
狭い狭い争いは、ひっそりと幕を閉じたのだった。

*****
そして、自由が丘界隈にまた一つ、新しい名店のジンクスが生まれ落ちた。

「自由が丘で「マジ」のつく店にハズレなし」

皆さまもぜひチョコが食べたくなったら「マジドゥショコラ」へ、
それ以外の時には我が店マジョリカにお越しいただきたい。

1495969008833_2



「自由が丘 マジ」界への新たな挑戦者を警戒する私。
私の戦いは、毎度頓馬な従業員つきのハンデ戦の様相を呈している。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

マジョリカ のサービス一覧

マジョリカ