プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

我輩は影のオーナーである。名を「さちこ」という。
普段は地方都市にある本社社長室の座布団型デスクの上で 瞑想している。


時折、店の方から「視察に来い」との要請がある。面倒くさいことこの上ないが、従業員から献上されたホッケに免じて、行ってやることにしよう。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« マジョリカ 最強のお通しを開発する | メイン | マジョリカ、花の季節に餃子を紹介する »

2017年4月 1日 (土)

マジョリカ、自由が丘の花見によせて

さて、4月である。年度初めである。花見時である。

1491052523530


我が店から一本入った自由が丘の桜並木もちらほらとつぼみがほころびはじめ、
奥沢二丁目公園の近くの木はもう満開の花見ごろ。

1491052503984


駅前には「さくらまつり」の出店も並び、街を挙げてお客様を迎え入れる準備は万全だ。

我が店にまったくメリットがなくとも、我が町を訪れるお客様に
有益な情報を差し上げるのもオーナーの務め。
早速自由が丘で30年続くお店のオーナーが教えるお花見の穴場スポットや
桜祭りの楽しみ方などをここに書き綴ろうと思っていたのだが。
ああ、まったくなんという運命のいたずらか。


桜の満開予報の出た本日は雨、そして明日も曇りがちで天気が不安定、
しかも気温もまだまだ寒いというではないか。

なんということだ。こんな中外で花見酒などしては、我が町を訪れた
大切なお客様が皆寒さに凍えてしまう。
せっかくおしゃれな街自由が丘に来ていただいたのに、その手足をかじかませて
帰すなど、そんな非礼が許されるはずがない!

と、いうわけで。
明日自由が丘に花見に繰り出そうと思われる御仁は、
遊歩道や子どもたちの憩いの場・奥沢二丁目公園でたっぷり
桜を楽しんだあとは、美しい桜を心に刻んでどうか我がマジョリカで暖を取ってほしい。

いつも魅力満開の私と頭の中が春模様の従業員、
そして数々のあったかメニューとお酒を用意してお待ちしている。

Dsc_00461

従業員に目を光らせつつ、特等席で暖房の効き具合を抜かりなく確かめる私。
この暖かさならお客様を迎え入れるのに申し分ないだろう。

コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

マジョリカ のサービス一覧

マジョリカ