プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

我輩は影のオーナーである。名を「さちこ」という。
普段は地方都市にある本社社長室の座布団型デスクの上で 瞑想している。


時折、店の方から「視察に来い」との要請がある。面倒くさいことこの上ないが、従業員から献上されたホッケに免じて、行ってやることにしよう。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2017年3月 | メイン | 2017年5月 »

2017年4月

2017年4月29日 (土)

従業員、大根おろしで芸術品を創る

それは、ある暇な日の夕食のときのことだった。

この日は従業員と久々にほっけを試食するということで、
私も気合を入れて待機していた。
(我が店で出されるものの品質チェックはオーナーとしての重要な責務である。
私がどうしても食べたくなってねだったわけでは決してない。)

じゅうじゅうと脂の焼ける音を立てて、オーブンからほっけが出てきた。
皮目は箸で触れるだけでパリッといい音を立て、なんとも言えないふくよかな
いい匂いの湯気を立てて皿で私を待ちわびていた。

そんな熱々のホッケを目の前に、今日に限って従業員がなかなか皿を持ってこない。

繊細な舌を持つ私のために、ほっけを一部取り分けておいてくれている…
というわけでもないようだ。

ええい従業員よ、何をもたもたしている!
こんな食べごろのホッケを目の前におあずけを食らわせるなど悪魔の所業!
早く私のところへともってこい!!

私のいらだちを知ってか知らずか、従業員はのんきな声で
「見てくださいオーナー! ちょっと前に流行った大根おろしアートで
オーナー作ってみました~」

Tno


おデブなラインがそっくりでしょーなどと無礼なことを言いながら、自画自賛ばかりで
一向にホッケをよこさない従業員に対し、私は思い切り猫キックを食らわせたのだった。


もし万に一つもご興味が湧いたかたは、従業員が手すきの時を見計らって
「ホッケをひとつ、オーナー付きで」と頼んでみてほしい。

なお、件名に挙げた「芸術品」とは従業員の大根おろしアートの出来栄えのことでは
全くなく、このモデルの私が、芸術品のように美しいというだけなのでお間違いなきよう。

Dsc_0366

さすがに大根おろしでは私のにじみ出る気品までは再現できなかったようだ。

2017年4月 6日 (木)

マジョリカ、花の季節に餃子を紹介する

私が布団の中で春の訪れを祝っている間に、エイプリルフールが過ぎ去ってしまった。
なんということだ。今年も渾身のオーナージョークを温めておいたというのに。
この悔しさをばねに、今回のブログは写真と内容を盛りだくさんにしようではないか。
(決して小粋な嘘が思いつかなかったわけではない。決して。)

先週末が花盛りと申した天気予報を華麗に裏切り、
自由が丘の緑道は今こそが満開の花見ごろである。


Dsc_0299

けぶるように咲き誇る桜並木の下を歩くと、花の香りがふわりと鼻に届くほどだ。
おそらく今週末には花吹雪となってしまうだろう。その前にぜひ見事な光景をお楽しみいただきたい。

*****
そんな花盛りの自由が丘とは全く関係ないが、我がマジョリカの餃子を紹介しておこう。

1491313690225

(※写真では5個入りになっているが実際は6個で一皿である)

豚肉たっぷり、野菜もたっぷりの自家製の餡を
焼く直前に一つずつ包んでから焼き上げる、ちょっと手間のかかる一品だ。
(なんでも包んでから時間が経つと皮がべっちょりしてしまうそうで、
従業員のささやかなこだわりである)。
もっちり厚めの皮が豚肉のうまみをしっかり閉じ込め、ビールが進むことこの上ない。
居酒屋の餃子としてはかなり高いレベルなのではとつい私も疑うほどだ。

花より団子とにんにくを、という方はぜひお越しを。

ついでに現在のお通しもビールによくあうのでおすすめしておこうと思ったが、
ぼんやりした従業員のぼんやりした説明からは料理名が判別できなかったので
写真の掲載にとどめておく。
「でもみんな絶対好きなやつですよ! 
きゅうりがピリ辛ででもちょっと甘みもあってシャキシャキですよ!!」
と熱を込めて語ってくれたがわからないものはわからない。

Dsc_0297

背後にあるのは「大きさの参考に…」と従業員がそっと気を聞かせておいてくれた 「三岳」だ。気遣いはうれしいが何かが確実に間違っている気がする。


Dsc_0300

2017年4月 1日 (土)

マジョリカ、自由が丘の花見によせて

さて、4月である。年度初めである。花見時である。

1491052523530


我が店から一本入った自由が丘の桜並木もちらほらとつぼみがほころびはじめ、
奥沢二丁目公園の近くの木はもう満開の花見ごろ。

1491052503984


駅前には「さくらまつり」の出店も並び、街を挙げてお客様を迎え入れる準備は万全だ。

我が店にまったくメリットがなくとも、我が町を訪れるお客様に
有益な情報を差し上げるのもオーナーの務め。
早速自由が丘で30年続くお店のオーナーが教えるお花見の穴場スポットや
桜祭りの楽しみ方などをここに書き綴ろうと思っていたのだが。
ああ、まったくなんという運命のいたずらか。


桜の満開予報の出た本日は雨、そして明日も曇りがちで天気が不安定、
しかも気温もまだまだ寒いというではないか。

なんということだ。こんな中外で花見酒などしては、我が町を訪れた
大切なお客様が皆寒さに凍えてしまう。
せっかくおしゃれな街自由が丘に来ていただいたのに、その手足をかじかませて
帰すなど、そんな非礼が許されるはずがない!

と、いうわけで。
明日自由が丘に花見に繰り出そうと思われる御仁は、
遊歩道や子どもたちの憩いの場・奥沢二丁目公園でたっぷり
桜を楽しんだあとは、美しい桜を心に刻んでどうか我がマジョリカで暖を取ってほしい。

いつも魅力満開の私と頭の中が春模様の従業員、
そして数々のあったかメニューとお酒を用意してお待ちしている。

Dsc_00461

従業員に目を光らせつつ、特等席で暖房の効き具合を抜かりなく確かめる私。
この暖かさならお客様を迎え入れるのに申し分ないだろう。

マジョリカ のサービス一覧

マジョリカ