プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

我輩は影のオーナーである。名を「さちこ」という。
普段は地方都市にある本社社長室の座布団型デスクの上で 瞑想している。


時折、店の方から「視察に来い」との要請がある。面倒くさいことこの上ないが、従業員から献上されたホッケに免じて、行ってやることにしよう。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« マジョリカに謎の飲み物、襲来 | メイン | マジョリカ、自由が丘の花見によせて »

2017年3月28日 (火)

マジョリカ 最強のお通しを開発する

開業して30年も経った今こういうのも難だが、今マジョリカには
料理革命の風が吹き荒れている。

きっかけは従業員が偶然出会った、やたらおいしいだし(詳細は企業秘密)だ。

それを使えば煮物も味噌汁も抜群にうまい。炒め物にほんの少し加えて風味をつけてもいい。
この素晴らしいおいしさを何とかお客様にも伝えねばと、従業員が苦心惨憺の末
新たな料理を作り出した。

Tnii


見た目はただのこんにゃくの煮物だが、
立ち上るお出しのいい香りをお伝えできないのが残念でならない。
圧力なべで4時間かけて煮込まれたこんにゃくはだしのうまみを芯まで吸い込み、
口の中でほろりとくずれるその食感は、煮凝りを思わせるほどやわらかい。

が、まさかの具がこんにゃくのみ、絵面のあまりの地味さもあいまって、
残念ながらお通しのみでの提供となっている。

最近仕込んだものがまだしばらくはあると思うので、ぜひ従業員渾身のお通しを
ぜひ味わいにいらしてほしい。
が、これは従業員のマイブームが生んだ奇跡の産物、作るのにあまりにも
手間がかかるので、別のお通しに切り替わっていたら、ああブームが過ぎたのだと
笑ってやりすごしてほしい。

Dsc_0460


従業員が鍋を見張るあいだ、特等席を独占する私。
うるさい奴がいないと思索もはずむというものだ。


コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

マジョリカ のサービス一覧

マジョリカ