プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

我輩は影のオーナーである。名を「さちこ」という。
普段は地方都市にある本社社長室の座布団型デスクの上で 瞑想している。


時折、店の方から「視察に来い」との要請がある。面倒くさいことこの上ないが、従業員から献上されたホッケに免じて、行ってやることにしよう。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 今、自由が丘に感謝する ~従業員、財布を落とす~ | メイン | マジョリカ、一攫千金を目指して »

2017年1月25日 (水)

新年のご挨拶

さて、輝かしい2017年の到来である。
まずは新年の寿ぎの挨拶からはじめよう。

昨年も賢明なお客様方のおかげで我が店は大賑わいであった。
本年も頓馬な従業員のことは振り捨ててもいいので、
私のことは重点的によしなにお願いいたす次第である。

「年明けから20日も経ってから年始の挨拶なんて遅すぎる」などと
後ろから無粋な従業員の声が飛んでくるが構うものか。
従業員たちは新年の晴れがましささえすぐに忘れる鳥頭だから
そんなことを言うのだ。
この私のように日々を謙虚に、すがすがしい気持ちで迎えていれば
新年など何するものぞと私はいいたい。

そもそも「寝正月」などと言い訳して正月中だらだら過ごし、
今なお元のリズムに戻れず正月を恋しがるなど愚か千万。
この私を見るがいい。つねに店を思い、顧客を思い、
一人目を閉じ静かに思索にふける(足元にもちろん布団は欠かせない)、
そんな厳しくも規則正しい生活を続け、正月ボケなどとは一切無縁だ。

従業員たちも鳥などではなく私の爪でも煎じて飲んで、
俗世のイベントに惑わされない心をもってほしいものである。

…おっと、新年早々従業員への小言に終始してしまい申し訳ない。
この私の美貌に免じてお許しいただきたい。


1479132244226

憂い顔も魅力的な私。寝起きでぼんやりしているわけでは決してない。


コメント

コメントを投稿

コメントは記事の投稿者が承認するまで表示されません。

マジョリカ のサービス一覧

マジョリカ