プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

我輩は影のオーナーである。名を「さちこ」という。
普段は地方都市にある本社社長室の座布団型デスクの上で 瞑想している。


時折、店の方から「視察に来い」との要請がある。面倒くさいことこの上ないが、従業員から献上されたホッケに免じて、行ってやることにしよう。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2015年11月 | メイン | 2016年1月 »

2015年12月

2015年12月25日 (金)

年末年始の営業のお知らせ

さて、今年も残すところあと少し。
いつも追い詰められたかのような従業員も、いつも以上にあわてているように見える。
まったく情けない。この私のようにもっと悠然と構えることはできないのだろうか
(従業員がうわごとのようにつぶやく「大掃除」や「年賀状」については知ったことではない)。

さて、年忘れの宴に湧きあがるこの頃であるが、素晴らしい一年のためには計画的な行動が不可欠。
というわけで、年末年始の我が店のスケジュールをお伝えしておこう。

12/31 夕方まで
1/1~1/5 休み
1/6 通常営業

賢明なるお客様方は、この日程をよく胸に刻んで我が店で年末の疲れをいやしてほしい。
私も密に冬毛をはやして皆様をおまちしている。

Tnsa


年の暮の切なさに思いをはせて、なんとなく写真をビンテージ調にしてみた。
特に深い意味はない。


2015年12月15日 (火)

マジョリカ 冬の園芸再び

さて、12月も半ばとなり、自由が丘の街はクリスマスモードに包まれている。
マジョリカも若干電飾やきらめきには欠けるが、いちおうなんとなくクリスマスムードを演出してみた。

Tnha_2


毎年恒例、使い続けて30年を経た年代物のリースと、同じく長年愛用中の手作りパッチワークが
織りなすレトロ感あふれるクリスマス(ものはいいようとはこのことだ)、ご興味のある方はぜひお越しを。


*****
ところでさっきはまったく触れなかったが、入り口前に巨大なポインセチアが仲間入りしている。

Hana_2


これはお客さまからのいただきもので、昨年お客さまの会社の忘年会のにぎやかしに
2鉢買ったはいいものの、引き取り手が誰もなくいやいや貰ったのだそうだ。
それが毎日適当に水だけ撒いていたところ写真の通り見事に巨大化してしまい、
厄介払いのためにクリスマスっ気のすくないマジョリカに一鉢譲り渡した…というのが真相だという。


なんということだ。
実は昨年も、別のお客様からポインセチアの鉢植えをいただいていた。
しかもそのポインセチアを店先に飾ってからというもの、売り上げが劇的に伸びたのだ。
それからというもの、その鉢植えは「幸運のポインセチア」として我が店の特等席に座り続けた。
植物にガッツと根性を求める従業員には珍しく、手厚く世話をし続けた。
寒い日には室内に保護し、暖房の風が悪いと聞いては暖房を動かし寒さに耐え、
植物は話しかけるとよく育つと聞けば
毎日ねぎらいの言葉をかけていた(少しはその気遣いを私に向けるべきではないか)。
他にも日の当たり方から水のやり方に至るまで
もうとにかく徹底的に甘やかしていたのだが、健闘むなしくボロボロに枯れてしまったのだ。

それがお客さまのところでは、水だけまいてこの育ちっぷり。いったい何が違うというのだ。
私たちが何をしたというのだろうか。


さて、今回やってきたこのポインセチアも、従業員が必死に世話をしている。
「二代目幸運のポインセチア」への期待はもちろん、もらったお客さまから
「枯れそうになったらすぐ引き取りに行くんで…」というお言葉までいただいているのだ。
さすがにこのお言葉に甘えるわけにはいかないではないか。

このポインセチアが従業員の介護で長持ちするかはともかく、
「二代目幸運のポインセチア」になれるかどうかは、
これを読んでいるお客さま方の双肩にかかっている。

私から細かいことを言うのはやめておこう。ただ、一言だけ言わせてもらうとするならば、

どうかよろしくお願いいたします。

Sachiko

マジョリカ のサービス一覧

マジョリカ