プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

我輩は影のオーナーである。名を「さちこ」という。
普段は地方都市にある本社社長室の座布団型デスクの上で 瞑想している。


時折、店の方から「視察に来い」との要請がある。面倒くさいことこの上ないが、従業員から献上されたホッケに免じて、行ってやることにしよう。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2014年5月 | メイン | 2014年7月 »

2014年6月

2014年6月30日 (月)

自由が丘 新名所のご案内

うっとうしい梅雨ももう半ば。連日変わりやすい天気と雨、そして湿気とたたかう皆様に朗報だ。

わが町、自由が丘に梅雨どきにあまりにもぴったりすぎる新しい名所が誕生した。

それがこちら、「Cool Magic SHU'S」。

Dsc_0420_1


全四階建てのガラス張りのおしゃれなビルだが、そこにあるのはすべて傘、傘、傘。

なんでもパリやロンドンといったなだたるおしゃれ街でも類を見ない、世界最大級の傘専門店だそうだ。
すなわち自由が丘は雨具においては日本一、いや世界一の充実を誇るといっても過言ではなく
必然的に宇宙一の称号も手に入れたも当然。
(ほかの星に雨傘があるかと問われたら応えられるものはいないはずだ)
わが町がとうとう宇宙一に輝くとは、私の威光があれば当然と思わないでもないが、
なんだか誇らしくも気恥ずかしい気分である。


そうそう、「傘は欲しいけどならぶのはちょっと…」というシャイな方々もご安心を。
そこはわが町自由が丘。ブームに乗って浮かれない貴方にもぴったりの店がある。
オープンしたての傘屋の近くには、自由が丘に根付いて十数年の老舗傘屋がひっそりとたたずんでいる。

Dsc_0421


「雨傘ギャラリー」という何ともノスタルジー漂う店名が目印だ。

新店のまぶしさとともに一万本の誘惑に迷うもよし、
老舗の落ち着きに浸りながら気に入りの傘を選ぶもよし。

いっそのこと雑貨屋の傘に目を移すのももちろんOKだ。
今年の梅雨を共にする相棒を、ぜひ自由が丘に見つけにきてほしい。


もちろん、自由が丘で傘を見立てたら、その足で「マジョリカ」に向かうのをお忘れなく。
今マジョリカは従業員が郷里からいただいたアジサイがちょうど見ごろを迎えている。

従業員のやる気以上に寿命が短いのがアジサイの宿命だ。
ぜひ美しいうちに見に来てほしい。

Dsc_0084


なお、私はいついかなるときも魅力満開の見ごろである。
ご心配なきよう。


マジョリカ のサービス一覧

マジョリカ