プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

我輩は影のオーナーである。名を「さちこ」という。
普段は地方都市にある本社社長室の座布団型デスクの上で 瞑想している。


時折、店の方から「視察に来い」との要請がある。面倒くさいことこの上ないが、従業員から献上されたホッケに免じて、行ってやることにしよう。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2014年2月 | メイン | 2014年4月 »

2014年3月

2014年3月30日 (日)

マジョリカ、大幅値下げのお知らせ(あと値上げも)

さて、4月ももう目前。春爛漫の季節である。

桜の花もほころんではいるものの、私たちもともに顔をほころばせているわけにはいかなそうだ。

4月から消費税の増税がはじまるのだ。

今までは多少の物価高や消費税はなんのその、私のたぐいまれなる経営努力で乗り切っていたが、今回ばかりはそうはいかなそうだ。

というわけで、一部商品を値上げさせていただくことになった。

お客様の懐を思うと大変心苦しいが、どうかご容赦いただきたい。

*****

ただ、お客様に負担を押し付けるだけというのは、あまりにも申し訳ない。

そこで、一部のお酒をドドンと値下げすることにした。

従業員は血の涙を流し、私も毛皮が抜け落ちるような苦労の末のことであるが

そんなことは全く気にせず、先の値上げのこともさっぱり忘れて

こちらだけ覚えていただけると幸いである。楽しいことを優先的に覚えることがよりよい人生の秘訣なのだ。

まずはわが店の看板商品のウィスキーから。

・I.W.ハーパー(12年) (ボトル)¥12,800→¥9,000

                (グラス)¥1,200→¥900

・メーカーズマーク    (ボトル)¥9,800→¥7,000

                (グラス)¥1,200→¥900

・シーバスリーガル    (ボトル)¥9,000→¥7,000

                (グラス)¥900→¥700

・バランタイン12年    (ボトル)¥8,500→¥7,000

・ジャックダニエル    (ボトル)¥7,800→¥6,000


特におすすめなのが「メーカーズマーク」。

かなり冒険価格だったものが、ちょっとしたぜいたくで奮発できる価格まで大幅値下げだ。

冬小麦由来の豊かな甘み、柔らかな余韻はまさに絹のような味わい。

「俺はこれしか飲まない!」と銘柄指定で頼むお客様もいるほどの一級品、ぜひこの機会にお試しいただきたい。

続いては、従業員の趣味が高じてやたらと品揃えが豊富になった芋焼酎の値下げがこちら。

・富乃宝山    (ボトル)¥10,000→¥8,000

・吉兆宝山    (ボトル)¥10,000→¥8,000

・三岳       (ボトル)¥8,000→¥7,000


こちらも憧れ銘柄のボトルを一気に値下げさせていただいた。

そうそう、よく誤解されるのでこの機会に言っておこう。

わが店の芋焼酎のボトルは、すべて一升瓶で提供している。

もう一度言おう。一升である。

Dsc_0240

時折「えっ4合瓶じゃないんですか?」と驚かれるお客様がいるが、

そこは大盛り上等が基本の我が店、お酒も迫力の一升瓶である。

ぜひお誘いあわせの上ワイワイ楽しんでほしい。


今から増税に備えて、従業員の笑顔だけでも8%増量すべく、鋭意社員教育中である。

なお、私もお客様満足を考え、貫禄を8%増量すべく日夜試食とという名の鍛錬に打ち込んでいる。

Dsc_0092

鍛錬の疲れが取れず一日中倒れている日もあるほど厳しい日々だが、皆様のために精進している。

はたして従業員の笑顔は、品格は、そして私の貫禄はどうなっているのか。

4月のマジョリカにこうご期待。

続きを読む »

マジョリカ のサービス一覧

マジョリカ