プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

我輩は影のオーナーである。名を「さちこ」という。
普段は地方都市にある本社社長室の座布団型デスクの上で 瞑想している。


時折、店の方から「視察に来い」との要請がある。面倒くさいことこの上ないが、従業員から献上されたホッケに免じて、行ってやることにしよう。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2013年12月 | メイン | 2014年2月 »

2014年1月

2014年1月21日 (火)

もしも、宝くじがあたったら ~常連客、壮大な夢とリアリティ~

さて、新年初の日記である。

ずいぶん遅くなってしまったが、わが店を訪れるお客様はみなおおらかなので大丈夫だろう。

ともあれ、謹んで新年のお慶びを申し上げる。今年が私とわが店とお客様

(と、ついでに従業員)にとってよりよい一年になるよう、主に布団の上で祈っている。

1390293046933

 

さて、新年早々だというのに、従業員は相も変わらず頓馬なことばかりやっている。

この前などは「もし宝くじがあたったら」なんて妄想で盛り上がっていた。

しかも、その当選額というのが、「5万円」なのだから始末に負えない。

まったく、せっかくの新年だというのにせせこましい。

夢はでっかく1億円!とでも叫んでみたらどうだ。

 「何言ってるんですかオーナー、こういうのは微妙なリアリティが大事なんですよ!」

などとうるさい従業員の与太話はさておき、ここは一つ、常連客の景気のいい話で

皆様に元気になってもらおう。

 

 

その常連客(仮にH田氏としよう)も、我らが従業員と同じことを考えた。

もし宝くじがあたったら、臨時収入があったら、いったい何をしようかと。

だが、その額がすごかった。

 

4千兆円。

なんというスケール。もはや国家予算のレベルではないか。

自らの夢を膨らませていったら、宝くじごときでは足りなくなったのだそうだ。

 

「僕の夢ですか?水上スキーを心置きなくやりたいんですよ。そしたらまずスキーがいるし、

船がいるし、そしたら手頃で人があんまりこない湖とかほしいじゃないですか?

そのそばに別荘たてたら友達が呼べるし、そしたら近所に飲み屋とかキャバクラとかも

ほしいですね!そうなるとそこで働く人の人件費とか仕入代とかもいりますね!あとは……」

 

際限なく膨らんでいく常連客H田氏の夢。さすが、億を超えるというのもうなづける。

 

…そういえば、日本の借金が964兆円くらいとのこと(平成26年1月19日現在)。

なんということだ。我が国最大の悩みすら、 H田氏の夢の予算内ではないか。

 

私は彼に聞いてみた。それだけの予算があるのなら、ついでに日本の借金くらいポーンと返てみたらどうか、と。一躍日本のヒーローになれること請け合いだ、と。

常連客は即答した。

「あーそれはダメです!そんなに通貨が一気に流通すると、すごいインフレおこっちゃうんですよ」

 

……どうやらこの手の妄想には、やはり微妙なリアリティが必要なようである。

 

マジョリカ のサービス一覧

マジョリカ