プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

我輩は影のオーナーである。名を「さちこ」という。
普段は地方都市にある本社社長室の座布団型デスクの上で 瞑想している。


時折、店の方から「視察に来い」との要請がある。面倒くさいことこの上ないが、従業員から献上されたホッケに免じて、行ってやることにしよう。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2011年7月 | メイン | 2011年9月 »

2011年8月

2011年8月18日 (木)

マジョリカの節電対策

さて、お盆の間は夏休みをいただいていたが、皆様はいかがお過ごしだっただろうか。
涼しい我が店で生ビールと油揚げでちょっと一杯、なんて思っていたお客様がいたら大変申し訳ない。
私も従業員も涼しい片田舎にある別荘で静養して英気を養ってきたので、これからもどんどん我が店に来てほしい。


ところで我が店のフロアはだいぶ涼しくなっている。
「節電なのにこんなに涼しくていいの~?」なんて常連客に聞かれたこともあるほどだ。

しかしそこは私がオーナーを務める店。節電を犠牲にするなんてことは当然ない。
我が店のフロア用の冷房は、実は全てガスでまかなっているのだ。
なので、節電の夏でもお客様の快適な温度に調節可能。
涼しさが恋しくなったらぜひマジョリカに来てほしい。


なお、従業員たちの控室の冷房は電気で動くので、そこは当然節電の嵐だ。
今年の夏はエアコンの他に扇風機を導入、あまつさえ扇風機に「エア子(愛称エアコン)」と名前をつけ、いちいち「エアコンつけるねー」と言ってから扇風機を付けることで、エアコンをガンガンつけている気分に浸るという、何ともエモーショナルな省エネに取り組んでいる。
なお、さすがにこれだけでは限界があるのか、即物的に涼を感じられる保冷剤も大活躍している。


私も控室にいるときには極力冷房に頼らず、やはり節電で使用を禁止された従業員のノートパソコン(愛称 黒子)の上に乗ってやり過ごすことにしている。

つるつるしていて何となく涼しい気がするのだ。
従業員は「オーナーの足跡がついた…」と恨みがましい目で見ているが、まあその方が箔がつくというものだろう。著名人のサインとでも思ってありがたく受け取ってもらいたい。


あと、節電対策で欠かせないのがそう。風鈴だ。

あの澄んだ音色は、エアコンなどつけなくても涼しい気分になれるではないか。江戸時代の発明と言うが、実に素晴らしい。

一度、従業員が台風前夜にうっかり下げっぱなしにしてしまい、強風にあおられ深夜にひたすら鳴り響き、従業員の安眠を妨害してお役御免になりそうにもなったが、そんなことはもう過去の話。今日も元気に鳴り響いている。


暑さは今日明日で峠を越えるそうだが、まだまだ秋には遠そうだ。
二度目になってしまうが、涼しさが恋しくなったらぜひマジョリカへ。
スマートな私とむさくるしい従業員、そして、冷えたビールとガスの冷房と風鈴が、あなたをお待ちしている。


マジョリカ のサービス一覧

マジョリカ