プロフィール

フォトアルバム
スタッフ

我輩は影のオーナーである。名を「さちこ」という。
普段は地方都市にある本社社長室の座布団型デスクの上で 瞑想している。


時折、店の方から「視察に来い」との要請がある。面倒くさいことこの上ないが、従業員から献上されたホッケに免じて、行ってやることにしよう。

最近のトラックバック

もっとお店のブログを見る

« 2009年8月 | メイン | 2009年10月 »

2009年9月

2009年9月30日 (水)

今年最速の忘年会予約

夏もまだ終わったばかりだというのに、もうそろそろ10月とは。時の流れは早いものだ。


そしてまだ年の瀬の話題も出る気配すら無いのに、家に届いた冊子には「忘年会の予約は今から☆」といったような文言が踊り狂っていた。気が早いとは正にこのことである。

そういえば、実は我が店には1件だけ、すでに忘年会の予約が入っているのだ。


事の発端は去年の12月、忘年会シーズン真っ只中。


一座全員が取り揃い、会話も少しずつ始まって、さてこれから酒の注文が始まるかというタイミングで、幹事から「あ、来年の忘年会もここでお願いします」と言われたのだそうだ。

突然の決定にも関わらず、他の参加者からは何一つ異論が出ない。

これには従業員も驚き、「え、でもまだ何も頼んでないですよね。大丈夫ですか?」と聞いてみるも、二つ返事で「大丈夫!」。

「酒が死ぬほどまずいかもしれませんよ?」と聞いても「いいからいいから」。


「料理が死ぬほどまずいかもしれませんよ?」と聞いても「いいからいいから」。


最後には「もしかしたら突如接客態度が豹変するかもしれませんよ?」と言ったら、「いやそれはないでしょ~」とみんなで大笑い。
その後は何事もなく、明るく朗らかに飲んで爽やかに帰って行った。マジョリカ一早い、翌年の忘年会の予約を残して。


あの時来てくれたお客さま方、あの日のことを覚えているだろうか。

私たちマジョリカは、貴方がたの席を今から全力で空けてお待ちている。
そのうち、うちの頓馬な従業員から確認の電話が行くと思う。
そして電話口で多少の無礼もあることと思うが、そこは広い心で笑って許してやってほしい。

常連客がダイエット

最近、とある常連客がダイエットを始めたらしい。


その名も「左手ダイエット」。食事を利き手ではない左手ですることによって、食事にかかる時間が長くなり、満腹感が増すのだそうだ。


いや、左手での食事が面倒くさくなって食事の量が減るのだったか。どちらにせよ左手での食事を続けると、自然に体重が減るらしい。


ちなみに常連客は、そんな話をしながら右手でつまみを旺盛に食べていた。彼のダイエットの成功を願うばかりである。

そして従業員は「そのうち左手が器用になって、両手で食うようになるんじゃないの?」などと、ろくでもないことを言っていた。

それで食事の量が2倍になって、横幅までも2倍になっては目も当てられない。


マジョリカは、彼のダイエットを全力で応援している。とりあえず、彼にあったらちょくちょく体重の推移を訪ねることとしよう。

彼の左手の器用さについては、あまり尋ねたくないところだ。彼のダイエットの成功を、切に願ってやまない。


2009年9月 4日 (金)

マジョリカ、新設備導入

先日、店の備え付けの電話が壊れた。


こちらの声が突然届かなくなってしまったのだ。
そのせいで何度も客に迷惑をかけることとなった。
一度などは予約の電話中に起こり、結局その予約は取れなかったそうだ。全く頓馬な従業員め。


だが、よく考えてみれば、我が店の電話は二十年近く使い続けている年代もの。その証拠に未だにダイアル式だ。


だとすれば、従業員ばかり責めるのも酷というもの。
せっかくなので、この機会に電話を新しく替えることとした。

早速業者に電話をし、届いた電話をみて私たちは驚愕した。


何ということだろう。

届いた電話は、元の電話と瓜ふたつ。というより寧ろ全く同じものだったのだ。




同じものということは、当然のことながらダイアル式。

「これで我が店もようやくプッシュフォンに」 と、大きな期待を寄せていた従業員たちの落胆は随分大きかったようだ。
大の大人が居並んで、電話を前にしょんぼりしている光景は、中々物悲しいものがあった。見なかったふりをしておこう。

だが、やっぱり新しい電話が嬉しいのか、まるで同じ電話を並べて、
「なんか色が心なしかキレイな気がする!」
「新しい方がダイアルの回りが軽いかも!」

などと勝手なことを言って喜んでいた。

最終的には、従業員の一人が携帯電話を持って店の外へ。

そして店の外から電話をかけては、
「新しい方がベルの音が爽やかだ!」だの、「声がクリアに聞こえる」だの、

揚げ句の果ては「声まで爽やかになってる!」といっては騒いでいた。今日も我が店は平和である。

マジョリカ のサービス一覧

マジョリカ